読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非日常な日常......

どこにでもいるごく普通(だと本人は思っている)の大学生(心は大学生)がカラフルな日常を語るブログです。ブログ初心者ですが奇抜なアイデアを形にし皆様の腹がよじれるほどおかしな内容の記事を頑張って全力を尽くして書いていきたいと思います。(パソコンのキーボードがキーボードとして機能できなくなるくらいの勢いで魂を込めて書いていきたいと考えております。(笑笑))

ひとりの時間の過ごし方

「ひとりの時間の過ごし方」

ひとりの時間の過ごし方なのだがひとによっていろいろな方法があると思います。

実際、一人の時間が好きな人には読む必要性のない記事だろう。

さて
一人の時間がどういった時間帯に存在するのか

まず、基本的には朝方だろう......(これは朝、早起きする人に限った話だが)

既婚者などであまり時間の取れない方、仕事(もしくは部活)が忙しくて仕事から帰ってきてそのままベッドにダイブする人でも朝方だけは時間があるだろう。

その時間を活用する方法を自分なりに考えてみた。

①マラソンやランニングである。

これは本当にやる気のある人にやってもらいたい朝の時間の活用方法である。

マラソンでは持久力や継続力が必ず必要になってくるのでたとえば僕のような人間(怠惰を絵に描いたような人間です)には向かないのだろう。

しかし、僕も最近、体力が落ちてきたことを身をもって感じてきているのでマラソンはやってみようと考えてます。
(この発言が口だけにならないように頑張りたい限りです)

②読書

これは定番なのではないだろうか。

読書というものはやる気がなくても取り掛かれるし第一、自分の好きな本を読めば苦痛には全くならない。

実際、僕もバスの中の時間などは自分の好きな本を読んで過ごしているが全く退屈しない。

バスの中や電車の中でも本を読んでいる人は減ってきていると思う。
(新聞、週刊誌を読んでいるオヤジはよく見かけるが)

読書することによって読解力や語彙力がみにつく上に自分の好きな本を読むとなるとさらに気持ちが高揚してしまいますね。


③ネットサーフィン

これも定番でしょう。

バスの中や電車の中でスマホ触ってる人は大体、これかゲームをプレイしているかの2択になるでしょう。

現在はネットの時代なのでネットで自分の知りたいことを調べることが容易になってきています。

なので個人的には重宝しています。自分の知りたいことをネットで調べてみると自分が思いもよらなかった解答を提示してくれるので本当にネット社会というものは人間を豊かにしたなあと思っています。


ーーーーーーー

どうでしょうか?

自分なりにひとりの時間の過ごし方を考えて書いてみましたが、役に立てたでしょうか?

もしよろしかったらコメント欄にコメントをどうぞよろしくお願いします!!